ロゴ
HOME>Column>私立大学は学費が割高【進学に備えて準備が必須】

私立大学は学費が割高【進学に備えて準備が必須】

勉強

私立大学を卒業するまでにかかる費用

大学に入学するとき、一番気になるのは学費がいくらかかるのかということですが、私立大学は公立と比べると倍近くかかることが知られています。まず初年度に関しては、入学料と授業料、そして施設設備費の3つを合計して130万円程度かかるのが平均的だと言えるでしょう。そして学部によっても大きく変わる場合があり、文科系は110万円程度と比較的安く済みますが、理科系は150万円程度、医歯系は460万円程度もかかります。さらに4年制大学の場合は4年間の授業料などを支払わなければならないため、その合計がいくらになるのかも知っておく必要があります。4年間の合計については、文科系は390万円程度で、理科系は520万円程度、そして医歯系は2250万円程度というのが相場です。

勉強道具

学費免除になる制度を活用

私立大学に通う場合は、高い学費がネックになってしまうことも少なくありませんが、そんな時に知っておきたいのは授業料免除制度です。この制度は、一定の条件を満たした学生に対して行われる制度であり、主に経済的に困難を抱えている場合や、成績優秀な場合に適用されます。成績に関しては、入学時は高校時代の成績で評価されますが、それ以降は大学側が独自に定めた成績基準での評価になるでしょう。そして経済状況や成績以外にも、自宅通学かどうかや、自然災害による被災なども考慮して審査が行われます。もちろん審査は厳しく行われますし、申請すれば誰でも利用できるという制度ではありませんが、条件に当てはまる可能性がある場合は申請してみるとよいでしょう。